最後のゴールは、黒字化・資金繰り改善。

お電話でのお問い合わせ(土日祝は除く)
0120-129-353
メールでのお問い合わせ(24時間受付)
サービス提供地域
大阪
京都
滋賀
奈良
兵庫

アイネックス税理士法人がご提供する3つの価値とは?安心して勇気ある決断ができる環境をご提供するために

試算表が「スピーディー、かつ正確」に経営トップに提供される「仕組み」をつくること
試算表や決算書において、絶対に欠かしてはならない条件は「スピードと正確性」、そして、これらをベースとした将来予測です。
経営トップにとって、これらが満たされていなければ、正しい意思決定ができません。そればかりかフタをあけてみると赤字の予測が黒字となった場合には、「予期せぬ黒字と税金」が発生します。また、その逆の場合では「思わぬ赤字と与信低下」を引き起こすことになります。
したがって、この「仕組み」をつくることが、最初の取り組みとなります。
経営に役立つ会計情報を提供すること
部門や商品群ごとの損益が正しく表現されなければ、どこに資源を配分すべきかのジャッジを誤ってしまうことにもなります。
したがって、損益計算書をセグメント別に設計し、正しい意思決定ができる「経営に役立つ会計情報」を提供することが、2つめの目標となります。
黒字化と、資金繰りが改善されていること
そして、最終的には「黒字化・資金繰りが改善」されなければなりません。
具体的には、中長期的に利益が最大化され、キャッシュフローが最大化されることが目標となります。
そのためには、目標として予算を立案すること、そして、実績との対比が必要です。
また、アイネックスでは、節税に関する提案は、キャッシュフローを最大化するという意味において効果的と位置づけています。
これらを通じて、黒字化し、資金繰りを改善することが3つめの目標となります。

実績紹介

  • 会社情報はこちら
  • 採用情報 私たちと一緒に働いてくれる方募集中!
  • 会社が良くなるメールマガジン!

税務情報ヘッドライン

2016.04.20

軽減税率導入に伴う売上・仕入税額の計算の特例
 消費税の10%の増税まであと1年をきりました。  今回は平成29年4月1日からの消費税率の引き上げ…
続きを見る

アイネックススタッフ日誌

2016.05.07

アイネックス中期経営計画発表会
4月決算のアイネックス税理士法人にとっては、5月から新事業年度となります。 そこで毎年5月初旬に、全…
続きを見る

税理士川端雅彦コラム

2016.03.04

「新品の服」が借りられる「メチャカリ」ってイノベーション
先日、BSフジのプライムニュースでストライプインターナショナル(旧クロスカンパニー)の石川康晴CEO…
続きを見る

事務所スタッフのつぶやき!

  • TKC全国会
  • 弥生PAP
  • moneyforward

このページの先頭へ