助成金・補助金

助成金・補助金を上手に活用しよう

『助成金・補助金」という言葉にご関心はありませんか?
会社の資金調達方法には銀行からの借入れの他に『助成金・補助金』があります。
これらは銀行借入と異なり返済の必要がありません。
積極的に活用して事業の発展に役立てましょう。

キャリアアップ助成金

非正規社員を正規社員に転換した場合には、予め一定の書類を提出しておくと国から助成金がもらえます。 雇用形態に応じて助成金の金額が変わります。

小規模事業者持続化補助金

小規模事業者が経営計画を作成し、販路開拓に取り組む費用が支援されます。 補助金の上限額は500万円、補助率は2/3以内です。

ものづくり補助金

経営力向上に資する革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を行うための設備投資等の経費の一部が補助されます。 ※今秋に公募開始予定です。

助成金と補助金の違い

助成金と補助金の違いはご存知ですか
以下ではその共通点と相違点を紹介します。

助成金 補助金
支給元 国や地方公共団体 国や地方公共団体
返済義務 不要 不要
支給時期 後払い 後払い
支給要件 要件を満たすと支給 要件を満たしても支給されない場合もあり
支給期間 長期間にわたる 1ヶ月程度

助成金と補助金の一番の相違点は、助成金は、基本的に要件を満たせば支給されますが、
補助金は、申請要件を満たしても申し込んだすべての会社が支給されるわけではありません。
書類でアピールをして受給を勝ちとる必要があります。またそれにはコツが必要です。

このようなお悩みはありませんか

助成金をいざ申請しようとすると・・・受給までには幾つかのハードルを越えなければなりません。
また、創業時の助成金のように、創業前から申請が必要となるものもあり、
せっかくのチャンスを逃してしまうこともあります。

アイネックス税理士法人では、もらい逃しのないよう、手間の掛る助成金の申請から受給まで手厚くサポートします!!

申告代行致します

補助金・助成金は、申請に向けて書類の作成が必要です。
特に補助金の申請においては、どのように補助金を活用して事業を行うかなどを
アピールしなければなりません。
また、助成金の申請においても事前に要件等を確認し、準備しておくことが必要です。
これらの煩わしい書類作成を弊社が代行致します。

以下のチェックに一つでも当てはまる方は
助成金を受給できる可能性がありますのでご相談ください!

  • 今後、脱サラして起業したい
  • 従業員・パート・アルバイトを雇う時は、ハローワークを使うつもりだ
  • 高齢者を雇用している
  • 今後、介護分野での起業または進出を考えている
  • 従業員の教育には費用をかけてでも、力を入れたい
  • 良い人材なら年齢を問わず雇いたい

受給できる助成金がわかるアンケートはこちら!
以下のアンケートフォームにご記入のうえ、送信してください。
いま、使える助成金もご紹介しています。

アイネックス税理士法人は、 一般社団法人 日本中小企業支援協会に加入しております。
いつでも最適の助成金/補助金をお届けすることができます。

私たちが担当します

まずは私たちと、ご飯でもどうですか?
私たちと一緒に働いてくれる方募集中

会社情報

ABOUT US

0120-129-353

受付時間:9:30~17:00(月~金)

Fお問い合わせ

〒600-8411
京都市下京区烏丸通四条下る水銀屋町620 COCON烏丸5F
対応地域:京都、滋賀、大阪、兵庫、奈良

xアクセス

その他相談も承っております

OTHER CONSULTATION

  • 確定申告ナビ
  • 医療経営ナビ
  • 人事労務サイト
  • 相続税サポートナビ

page top