税理士川端雅彦コラム

KAWABATA MASAHIKO COLUMN

Qちゃんはやっぱり強かった!

「あれは、きっとキネシオテープに違いない!」とつぶやきながら、東京国際女子マラソンを観戦していた私は、そのテーピングが肉離れを抑えるためのものであったとは知らなかった。

肉離れの可能性がある「筋膜炎」とはいえ、アスリートにとっては致命傷になるかもしれない一大事である。

肉離れを経験した人ならわかると思うが、瞬間に「激痛」が走るのである。プレー続行なんて考えられないのである。

それをおしての出場であるから、高橋尚子選手にとっては一大決心で望んだ大会であったに違いない。

見ている人たちにとっても、その決心の大きさゆえ悲壮感すら漂わせていた。

それにしても、やっぱりQちゃんは強かった。したたかに計算されたシナリオどおりに勝負に打って出て、1位を勝ち取った。

アスリートの選手生命は短い。その短い間で「止まっていた2年間」は、さぞ長かっただろうと思う。

日本人にとって「失われた10年」なんて、Qちゃんの苦労に比べれば、どうってことないさ!と明るい気持ちにさせてくれる快挙であった。

Qちゃんのように、がんばってしたたかに生きよう!と勇気が沸いてきた1日であった。


2005/11/21

  • 雑感

税理士川端雅彦コラム(一覧)へ戻る

まずは私たちと、ご飯でもどうですか?
私たちと一緒に働いてくれる方募集中

会社情報

ABOUT US

0120-129-353

受付時間:9:30~17:00(月~金)

Fお問い合わせ

〒600-8411
京都市下京区烏丸通四条下る水銀屋町620 COCON烏丸5F
対応地域:京都、滋賀、大阪、兵庫、奈良

xアクセス

その他相談も承っております

OTHER CONSULTATION

page top