税理士川端雅彦コラム

KAWABATA MASAHIKO COLUMN

ライブドア強制捜査−出る杭は打たれる?−

ライブドアの不正による強制調査のお陰で、株式相場が大幅に安くなっている。

投資家にとっては、せっかく明るい兆しが見えてきただけに、ほんとに迷惑な話である。

強制捜査の当初の切っ掛けは、投資事業組合の偽装の疑いであるようだが、東京地検特捜部は、もっと奥深い何かを目的としているように思う。

現に、子会社であるバリュークリックのみならず、ライブドア本体に粉飾の疑義が浮上しているが、これが事実なら、犯罪である。

今回の件は、出る杭が打たれたという保守層のひがみでもなんでもなく、そもそも杭の出しどころが不正なのである。

ライブドアはかつて、株式を100倍分割して、株を高価にさせるなどのやり方をしていたが、法律を逸脱していないので、そこまではまだ許すことができる。しかし、虚偽の報告をすることは明らかに不正である。

不正をしてお金を稼いだわけだから、犯罪以外のなにものでもない。

かつて『がんばれ堀江もん!」というコラムで「ルールにのっとっている限り、合法であり「感情論」でない「勘定論」を展開してほしい』と述べた。

その理屈から言うと、今回はルール違反をしたのであり、市場から退場せよ!と言いたい。

感情的にも勘定的にも許せない出来事である。

2006/01/18

  • 雑感

税理士川端雅彦コラム(一覧)へ戻る

まずは私たちと、ご飯でもどうですか?
私たちと一緒に働いてくれる方募集中

会社情報

ABOUT US

0120-129-353

受付時間:9:30~17:00(月~金)

Fお問い合わせ

〒600-8411
京都市下京区烏丸通四条下る水銀屋町620 COCON烏丸5F
対応地域:京都、滋賀、大阪、兵庫、奈良

xアクセス

その他相談も承っております

OTHER CONSULTATION

page top