税務情報ヘッドライン

INFORMATION HEADLINE

ちょっと詳しい相続税レポート Vol.1

相続という言葉は何度も耳にしたことがあると思いますが、
しっかりと意味を理解している方は案外少ないかもしれません。
相続の意義は次のようなものになります。

【相続の意義】

相続とは、自然人の財産法上の地位または権利義務を、その者の死後に、
法律および死亡者の最終意思の効果として、特定の者に承継させることをいう。


相続の意義を読むと分かるのですが、人が亡くなるとほぼ間違いなく相続が発生します。

では、相続税はどうでしょうか。まずは相続税の基本的な計算構造をご説明します。



相続税は、亡くなった方の財産から一定の基礎控除額をマイナスし、
残りを法定相続分で取得したものとした金額に税率(累進税率)を乗じて税額を計算します。
そして、その税額を合計することで相続税の総額を求めます。
したがって、基礎控除額を超える財産をお持ちでない場合には相続税は課税されないことになります。


相続税の基礎控除額は現在、5,000万円+1,000万円×法定相続人の数となっております。
配偶者と子供が二人いる場合には基礎控除額は8,000万円となります。
なかなか大きい金額だと思うのですがいかがでしょう。
実際、相続税が発生した割合は平成22年は4.2%、平成23年は4.1%となっています。



ただ、平成25年度税制改正により、平成27年1月1日以後に発生した相続については、
基礎控除額が3,000万円+600万円×法定相続人の数となることが決まっています。
先ほどの4人家族の例ですと基礎控除額は4,800万円となります。
現行の8,000万円と比べると3,200万円も減ってしまいますが、
政府の見通しでは課税割合が6%ほどになるとしています。


また、要件を満たせば自宅の土地などは評価額を大幅に下げることが出来るのですが、
適用を受けるためには相続税の申告書を提出する必要があります。
課税割合の増加以上に申告書を提出される方は増えると思われます。



既に、相続税についての相談が増えつつありますが、
今後ますますお客様からのお問い合わせが増えるものと思っております。

当ブログにおきましても、これまで以上に情報発信を行うことにより
皆様のお役に立てればと考えております。今後ともよろしくお願いいたします。


2013/12/11

  • 相続税・贈与税

税務情報ヘッドライン(一覧)へ戻る

まずは私たちと、ご飯でもどうですか?
私たちと一緒に働いてくれる方募集中

会社情報

ABOUT US

0120-129-353

受付時間:9:30~17:00(月~金)

Fお問い合わせ

〒600-8411
京都市下京区烏丸通四条下る水銀屋町620 COCON烏丸5F
対応地域:京都、滋賀、大阪、兵庫、奈良

xアクセス

その他相談も承っております

OTHER CONSULTATION

page top