税務情報ヘッドライン

INFORMATION HEADLINE

非上場株式場等の相続税の納税猶予 PART2

〜納税猶予額の計算方法?〜


今回は、前回の内容を踏まえた上で、具体例を通じて実際に計算してみましょう!

<具体例>


遺産総額3億円 
相続人:子A 子B(法定相続分で相続する)
納税猶予の対象株式1億円  
子A・・・取引相場のない株式を含む1.5億円を相続、経営承継相続人
子B・・・1.5億円を相続
1.通常の相続税額を算出する
  1.5億円+1.5億円—(5,000万円+1,000万円×2人)=2.3億円
  2.3億円×1/2=1.15億円
  1.15億円×40%−1,700万円=2,900万円
  2,900万円×2人=5,800万円
  5,800万円×1.5億円 / 3億円=2,900万円
2.子Aの納税猶予額を算出する
 ?取引相場のない株式100%のみ相続するとして計算
  1億円+1.5億円—(5,000万円+1,000万円×2人)=1.8億円
  1.8億円×1/2=9,000万円
  9,000万円×30%−700万円=2,000万円
  2,000万円×2人=4,000万円
  4,000万円×1億円/2.5億円=1,600万円
 
 ?取引相場のない株式20%のみを相続するとして計算
  (1億円×20%)+1.5億円−(5,000万円+1,000万円×2人)=1億円
  1億円×1/2=5,000万円
  5,000万円×20%−200万円=800万円
  800万円×2人=1,600万円
  1,600万円×2,000万円 /1.7億円=188万円
 ?子Aの納税猶予額
  ?—?=1,412万円
 
相続人              子A          子B
課税価格            1.5億円         1.5億円
相続税額           2,900万円      2,900万円
納税猶予税額      △1,412万円
納税額              1,488万円      2,900万円

2009/03/23

  • 相続税・贈与税

税務情報ヘッドライン(一覧)へ戻る

まずは私たちと、ご飯でもどうですか?
私たちと一緒に働いてくれる方募集中

会社情報

ABOUT US

0120-129-353

受付時間:9:30~17:00(月~金)

Fお問い合わせ

〒600-8411
京都市下京区烏丸通四条下る水銀屋町620 COCON烏丸5F
対応地域:京都、滋賀、大阪、兵庫、奈良

xアクセス

その他相談も承っております

OTHER CONSULTATION

page top