税務情報ヘッドライン

INFORMATION HEADLINE

平成29年 税制改正のポイント(所得税)

今回の見直しには、配偶者の年収要件をゆるやかにし、「今までより多く働いても税金面で損をしない」環境を作ることで、女性や若者の社会進出を促そうという背景があり、また、世帯主の年収要件を新たに設けて高所得層の税負担を増すことでバランスをとっていると考えられます。

配偶者控除・配偶者特別控除見直しのポイントは次の4点です。

・配偶者特別控除の最大控除額(38万円)を受けられる対象が、配偶者の合計所得85万円(給与所得だけの場合、年収150万円に相当)までに拡大
 (従来は合計所得40万円まで)

・配偶者特別控除の対象が、配偶者の合計所得123万円(給与所得だけの場合、年収201万円に相当)までに拡大

世帯主の合計所得に応じて、段階的控除が減らされる

世帯主の合計所得が1,000万円(給与所得だけの場合、年収1,220万円に相当)を越えると「配偶者控除」「配偶者特別控除」とも利用できなくなる


対象となる方も多いと思いますので、ご注意ください。


アイネックス税理士法人   仲田 芽衣


相談は無料!お気軽にお問い合わせ下さい!


2017/04/06

  • 所得税

税務情報ヘッドライン(一覧)へ戻る

まずは私たちと、ご飯でもどうですか?
私たちと一緒に働いてくれる方募集中

会社情報

ABOUT US

0120-129-353

受付時間:9:30~17:00(月~金)

Fお問い合わせ

〒600-8411
京都市下京区烏丸通四条下る水銀屋町620 COCON烏丸5F
対応地域:京都、滋賀、大阪、兵庫、奈良

xアクセス

その他相談も承っております

OTHER CONSULTATION

  • 確定申告ナビ
  • 医療経営ナビ
  • 人事労務サイト
  • 相続税サポートナビ

page top