税理士川端雅彦コラム

KAWABATA MASAHIKO COLUMN

中小企業者の相続税8割軽減!!

中小企業の後継者の相続税負担を軽減する「事業承継税制」について、政府・与党が2008年度税制改正で導入を目指す制度拡充案があきらかになりました。

現行の制度では、経営者から後継者の子に資産を相続する場合、工場などがある事業用地は課税価格を8割減額することができるが、非上場株は1割しか減額できません。

新制度では、非上場の同族会社株を相続する場合は、課税価格を8割減額し、相続税を負担を大幅に減らすという案です。

ただし、この適用を受けようとする場合には

 ・ 5〜7年間、事業を継続する。
 ・ 従業員の8割以上を雇い続ける。
 ・ 事業計画書を提出して政府の承認をえる。

などが要件となるようです。

使い勝手の良し悪しは、細部がでてこないとわかりませんが、中小企業経営者にとっては、朗報といえるでしょう。


2007/10/16

  • 税金について

税理士川端雅彦コラム(一覧)へ戻る

まずは私たちと、ご飯でもどうですか?
私たちと一緒に働いてくれる方募集中

会社情報

ABOUT US

0120-129-353

受付時間:9:30~17:00(月~金)

Fお問い合わせ

〒600-8411
京都市下京区烏丸通四条下る水銀屋町620 COCON烏丸5F
対応地域:京都、滋賀、大阪、兵庫、奈良

xアクセス

その他相談も承っております

OTHER CONSULTATION

page top