アイネックススタッフ日誌

I-NEX STAFF DIARY

視点を変えることは重要ですね(山川)

話題のゲーム、ドラゴンクエストが発売になり、過去最高の売上げが期待されているようです。

現在ゲーム機と言われるものの代表にはTVゲームとしてはソニーのプレイステーション3や任天堂Wiiがあり、携帯ゲーム機にはソニーのPSPや任天堂DSがあります。

同じように次世代ゲーム機という土俵で勝負しているように見える2社。
しかしソニーと任天堂のゲーム機開発の視点は全く異なっています。

もともとゲーム機はゲーム機そのものの販売では利益を出せず、
ゲームソフトのライセンス料などで利益を出す仕組みとなっています。

ソニーはこの法則にのっとり、今やっと普及し始めたブルーレイディスクを
3年前に発売したプレイステーション3に既に搭載していました。
当時、1台10万円以上の開発原価がかかっているものを5万円程度で販売したと言われており、
何千億もの赤字を計上していました。

これに対し、任天堂はタッチペンや振って遊べるWiiコントローラ等、画質や性能そのものではなく、
動きの新しさという点での目新しさに視点を置き、DSやWiiを発売しました。

任天堂は本来のゲーム機の進化とは違った進化の仕方を模索し、開発費を抑えることに成功したのです。
その結果、Wiiはゲーム機の販売だけでも利益を獲得することができているそうです。

このような視点を変えて付加価値を産み出す方法、我々も見習いたいものです。


2009/07/14

  • スタッフの雑談

アイネックススタッフ日誌(一覧)へ戻る

まずは私たちと、ご飯でもどうですか?
私たちと一緒に働いてくれる方募集中

会社情報

ABOUT US

0120-129-353

受付時間:9:30~17:00(月~金)

Fお問い合わせ

〒600-8411
京都市下京区烏丸通四条下る水銀屋町620 COCON烏丸5F
対応地域:京都、滋賀、大阪、兵庫、奈良

xアクセス

その他相談も承っております

OTHER CONSULTATION

page top