アイネックススタッフ日誌

I-NEX STAFF DIARY

日本を元気にする方法(石野)

先日、ソフトブレーンを立ち上げられた宋文洲さんのセミナーに行ってきました。

お話の中で、面白いな。と思ったものをひとつふたつご紹介したいと思います。

表題は、質疑応答で「日本は不景気ですが、なにか元気がでる方法はありませんか?」という、ステレオタイプな質問(笑)です。

宋さんの応答は、「格差をつくればいいんです。(!!)」でした。

この格差は、利権などによるものでなく、一般的な程度の格差です。

 

「中国が、なぜ元気か。それは、格差があるからです。

自分もお金もちになりたい。稼ぎたい!この思いで動くことが元気につながるんです。」(だいたいこんな感じ。)

 

そうだなあと。思いました。

みんな同じって、パワーないですよね。個性もないし。

いま、話題の生活保護も(本当にお困りの方は別として)働かなくても食べていけるとなったら、そんなひと増えますよね。

 

また、彼は生活の場を中国に移し、お子さんも中国の学校にいってられるのですが、やはり、お子さんは日本の学校が恋しいようです。

どうみても、日本の学校のほうがいいんだけれど、日本の学校のやり方では強さが育たない。

失敗ができないから、失敗ダメージに弱くなってしまう。と、言ってられました。

 

そのほか、日本に来ると「やっぱり日本はいい。」と思う反面、一定期間過ぎるとで息苦しさを感じるそうです。

(特に東京)

バス停では、みんな順番に並び、はみ出ようものなら白い目で見られる。

「ちょっとくらいいいじゃない。最後みんな乗れたらそれでいいじゃない。(笑)」

 

「異質なものを受け入れる」寛容性が重要。と、いうお話です。

私自身も気がつけばつい、小さい世界でまとまってしまうので、刺激をうけにいろいろ動こう!と思いました。

♪(〃∇人)

 


 

 

 

 

2012/06/08

  • スタッフの雑談

アイネックススタッフ日誌(一覧)へ戻る

まずは私たちと、ご飯でもどうですか?
私たちと一緒に働いてくれる方募集中

会社情報

ABOUT US

0120-129-353

受付時間:9:30~17:00(月~金)

Fお問い合わせ

〒600-8411
京都市下京区烏丸通四条下る水銀屋町620 COCON烏丸5F
対応地域:京都、滋賀、大阪、兵庫、奈良

xアクセス

その他相談も承っております

OTHER CONSULTATION

page top