アイネックススタッフ日誌

I-NEX STAFF DIARY

[書評]死の壁 (武田)

何か問題が起きたときとか、わからないことがあった時、、、

すぐに答えを求めてしまいませんか?

特に私は「正解がない」ことに大きな不安を感じてしまいます。


41M0PTQHMPL__SS500_.jpg

本書では、

人生の問題に正解はない  その答えを求めること自体に意味がある。
わからないから調べる面白さがある。
何でも「調べればわかる」「見ればわかる」ということはない。

しかし一つだけ確実なことは、人生の最終解答は「死ぬこと」。
そして、皆わかっていると思い込んでいるが、自分の死については、想定していない。

として、そのようになった理由などが様々な角度から述べられています。

 

そして、

自分の死について考えても仕方が無いし、答えもない。
人は近親者の死を考えた時に、自分の死が周囲に与える影響を考える。
死という事実は事実でしかなく、死という事実に対して、その死という経験を生かす生き方をするべきで、生き残ったものの考え方が大切である。
それを踏まえ、死に直面した時に、どの様な態度を取るかによって周囲に与える影響がかわり、意味を持つようになる。
そして、実は日々人生のあらゆる行為は取り返しがつかないことが多く、その事を死位に歴然と示しているものはない。

と締めくくっています。

 

本書の帯には、「死について考えておくと安心して生きられます」とあります。

イメージとしてもっと切羽詰まった漠然とした不安な感覚から、本書を読むことにより、日々の業務を見直せるのではという勝手な期待がありました。

しかし、締めの部分での本書を読んだ納得感はありましたが、当初の期待という点では、もっとマッチする帯のコピーがあるのでは?と個人的には違和感を覚えました。

京都・滋賀・大阪で会社設立をお考えならこちら

黒字化・節税・税務調査に強い税理士をお探しならこちら

医療経営に強い税理士をお探しならこちら

相続についてのご相談はこちら

2012/01/30

  • 読書発表・本紹介

アイネックススタッフ日誌(一覧)へ戻る

まずは私たちと、ご飯でもどうですか?
私たちと一緒に働いてくれる方募集中

会社情報

ABOUT US

0120-129-353

受付時間:9:30~17:00(月~金)

Fお問い合わせ

〒600-8411
京都市下京区烏丸通四条下る水銀屋町620 COCON烏丸5F
対応地域:京都、滋賀、大阪、兵庫、奈良

xアクセス

その他相談も承っております

OTHER CONSULTATION

page top