税務情報ヘッドライン

INFORMATION HEADLINE

平成24年の類似業種比準価額

先日、国税庁から、「平成24年分の類似業種比準価額計算上の業種目及び業種目別株価等について」が公表されました。


これは、取引相場のない株式(非上場株式)を類似業種比準方式により評価する場合、

その算定に必要となる業種目別の1株当たりの配当金額、利益金額、純資産価額及び株価について定めているものです。


同族株主が所有する非上場株式の評価を行う際には、従業員数、総資産価額(帳簿価額)、取引価額(売上高)によって、

会社の規模を大会社・中会社(大・中・小)、小会社に区分します。


この会社の規模によって非上場株式の評価は大きく異なります。


特に、大会社の場合は類似業種比準方式で評価を行えば株価が低くなるケースが多いので、

評価する年の「平成24年分の類似業種比準価額計算上の業種目及び業種目別株価等について」の公表は、

その年の相続、生前贈与に大きな影響を与えます。


実際に、昨年を比較して、大きく数値が変動している業種もありました。


この機会に、所有する自己株式の評価を行ってみませんか?

弊社では、株価評価も承っておりますので、是非お気軽にご相談ください。


2012/06/29

  • 相続税・贈与税

税務情報ヘッドライン(一覧)へ戻る

まずは私たちと、ご飯でもどうですか?
私たちと一緒に働いてくれる方募集中

会社情報

ABOUT US

0120-129-353

受付時間:9:30~17:00(月~金)

Fお問い合わせ

〒600-8411
京都市下京区烏丸通四条下る水銀屋町620 COCON烏丸5F
対応地域:京都、滋賀、大阪、兵庫、奈良

xアクセス

その他相談も承っております

OTHER CONSULTATION

page top