税務情報ヘッドライン

INFORMATION HEADLINE

リバースチャージ方式

最近Googleなどから「事業者向け電気通信利用役務」について平成27年10月1日から消費税の納付をしていただく必要があると連絡を受けた方も多いのではないでしょうか?

今回は、そのことについてです。


[リバースチャージ方式ってなに?]


本来消費税というのは、事業者が商品を売ったときに「預かった消費税額」から商品を仕入れたときに「支払った消費税額」を差し引いた金額を納付します。

わかりやすくいうと「売った側」が消費税を払わなければなりません。

リバースチャージ方式の「リバース」を和訳すると、「反対の」という意味です。

つまりリバースチャージ方式とは、「売った側」ではなく「商品を仕入れた側(支払った側)が消費税を国に納付することです。

電子書籍・音楽・広告の配信等の電気通信回線(インターネット等)を介して行われる役務の提供について今までの制度では、日本にある国内事業者が同じく日本にある国内事業者からサービスの提供を受ける場合について課税される一方で外国にある国外事業者から国境を越えてサービスの提供を受ける場合には消費税がかかりませんでした。

日本国内からか外国からかの違いによって、最終的に消費税を払わなければいけないという違いが生じていました。

外国にある国外事業者から日本の法律において定められている消費税を徴収することはかなり大変です。

そこで、リバースチャージ方式が採用されました。

電気通信回線(インターネット等)を介して行われる役務の提供(サービスの提供)については「事業者向け」の電気通信サービスの提供とそれ以外のものとに区分されることとされました。


ただし、事業者が「事業者向け」の電気通信サービスの提供を受けた場合であっても次の(1)又は(2)に該当する課税期間については、当分の間、「事業者向け」の電気通信サービスの提供はなかったものとされますのでリバースチャージ方式による申告を行う必要はありません。


(1) 一般課税で、かつ、課税売上割合が95%以上の課税期間

(2) 簡易課税制度が適用される課税期間



[消費者向けの電気通信サービスについて]


では、「事業者向け」ではなく、「消費者向け」の電気通信サービスの提供についてはどうでしょうか?

先に結論を言うと一般的な事業者の方には、当分の間は、リバースチャージ方式の導入による影響は少ないと思います。

外国にある国外事業者から「消費者向け」の電気通信サービスの提供を受けた場合には当分の間、仕入税額控除の適用は認められず制限されてしまいます。

ただし、「登録国外事業者」から受けた「消費者向け」の電気通信のサービスの提供については仕入税額控除の適用が認められます。

「登録国外事業者」とは、「消費者向け」の電気通信サービスの提供を行う課税事業者である国外事業者で、国税庁長官の登録を受けた事業者をいいます。

国外事業者から受けた「消費者向け」の電気通信サービスの提供については「登録国外事業者」から受けたもののみが「支払った消費税額」として「預かった消費税額」から差し引くことができます。

もし、リバースチャージ方式の導入によって新たに消費税がかかりそうだなとお思いでしたらご相談ください。



相談は無料!お気軽にお問い合わせ下さい!



2015/09/30

  • 消費税

税務情報ヘッドライン(一覧)へ戻る

まずは私たちと、ご飯でもどうですか?
私たちと一緒に働いてくれる方募集中

会社情報

ABOUT US

0120-129-353

受付時間:9:30~17:00(月~金)

Fお問い合わせ

〒600-8411
京都市下京区烏丸通四条下る水銀屋町620 COCON烏丸5F
対応地域:京都、滋賀、大阪、兵庫、奈良

xアクセス

その他相談も承っております

OTHER CONSULTATION

page top