税務情報ヘッドライン

INFORMATION HEADLINE

休止状態の電話加入権と評価損


最近では、従来の電話回線よりも利用料金が安いインターネット回線を用いて固定電話を利用する企業も増え、固定電話加入時にNTTに支払った「電話加入権」が実質、休止状態となり、電話加入権の相場は下落傾向にあるため、評価損を計上したいと考えている企業が増えています。

そこで、今回は「電話加入権」が評価損として計上できるのか?についてご紹介いたします。


1.電話加入権とは

 固定電話に加入する際に、NTTの電話回線を利用する権利のことで、無形固定資産として貸借対照表上、資産の部に計上されます。


2.電話加入権の評価損の処理について

(1)会計上の取扱い

 減損会計の適用対象となるため、資産の収益性の低下により投資額の回収が見込めなくなった場合に、回収可能性に応じて帳簿価額の減額を行うこととなります。


(2)税務上の取扱い

 電話加入権は無形固定資産に該当するが、固定資産の評価損の計上事由は次のいずれかが生じた場合とされています。


1. 災害により著しく損傷したこと

2. 一年以上にわたり遊休状態にあること

3. 本来の用途に使用できないため他の用途に使用されたこと

4. 所在する場所の状況が著しく変化したこと

5. これらに準ずる特別の事実 


3.まとめ

 一年以上の長期に渡り電話加入権が休止状態であれば、?の事由に該当し、評価損を計上できそうですが、経済的事情による価値の下落は評価損の計上事由に当たらないとされています。現時点において損失を計上するためには、電話加入権を解約または売却する必要があるでしょう。



相談は無料!お気軽にお問い合わせ下さい!



2012/06/20

  • 法人税
  • 所得税

税務情報ヘッドライン(一覧)へ戻る

まずは私たちと、ご飯でもどうですか?
私たちと一緒に働いてくれる方募集中

会社情報

ABOUT US

0120-129-353

受付時間:9:30~17:00(月~金)

Fお問い合わせ

〒600-8411
京都市下京区烏丸通四条下る水銀屋町620 COCON烏丸5F
対応地域:京都、滋賀、大阪、兵庫、奈良

xアクセス

その他相談も承っております

OTHER CONSULTATION

  • 確定申告ナビ

page top