税務情報ヘッドライン

INFORMATION HEADLINE

遺言書の書き方にご注意を!

遺言書の書き方について、最高裁の判決が出ました。

既に遺言を書かれた方はもちろん、これから書く予定の方も要注意です。

 


遺言で財産をもらう予定の人が、

遺言者より先に亡くなってしまった場合

 

    Aさんが「Bさんに自分の財産を相続させる」という遺言を残しました。

   ところが、BさんがAさんよりも先に亡くなってしまいました。

 

 

相続税には、財産をもらうべき人が亡くなったら、その子供が財産をもらえる(代襲相続といいます)という制度があります。

 

上記の場合、Aさんの財産は、Bさんの子供がもらえるのでしょうか?

 

答えはNOです。

 

BさんがAさんより先に亡くなってしまった時点で、遺言の前提が崩れ、

遺言は無効となってしまいます。

 

これを防ぐためには、

「もしBさんが遺言者(Aさん)よりも先に亡くなった場合・・・」等で、

遺言を補足しておく必要があります。

 

遺言を残すからには、遺言者の希望通りに執行して欲しいですよね。

ご自身の遺言を見直すいい機会と思います。

 

是非一度ご確認ください!

 

 

会社設立をお考えの方はこちら

医療経営のご相談はこちら 

確定申告のご相談はこちら

 

 

 

2011/03/25

  • 相続税・贈与税
  • 事業承継

税務情報ヘッドライン(一覧)へ戻る

まずは私たちと、ご飯でもどうですか?
私たちと一緒に働いてくれる方募集中

会社情報

ABOUT US

0120-129-353

受付時間:9:30~17:00(月~金)

Fお問い合わせ

〒600-8411
京都市下京区烏丸通四条下る水銀屋町620 COCON烏丸5F
対応地域:京都、滋賀、大阪、兵庫、奈良

xアクセス

その他相談も承っております

OTHER CONSULTATION

  • 確定申告ナビ
  • 医療経営ナビ
  • 人事労務サイト
  • 相続税サポートナビ

page top