税理士川端雅彦コラム

KAWABATA MASAHIKO COLUMN

vol.52「進化元年」

皆さん新年明けましておめでとうございます。
さて、本年2004年は申年です。猿というと、人間へと進化した人間の祖先であるといわれています。
もう少し正確に表現すると、全ての猿が人間へと進化したわけではなく、猿の中に人間へと進化した「類人猿」がいたということになります。
私は生物学者ではないので、想像の域を超えないのですが、「人間へと進化した猿」と「進化しなかった猿」の違いはどこにあるのでしょうか。
もともと猿は密林・ジャングルの中の木の上で生活していますが、密林の向こうには草原・サバンナが広がっていたわけです。
ある好奇心旺盛な猿が「サバンナには一体何があるのだろう?」と思い、勇気を出して、木から下りてサバンナを歩き回ったのです。
それがきっかけとなって「二足歩行」をするようになり「頭脳」が発達したといわれています。
つまり、人間への進化のプロセスには「好奇心と勇気」が大きな原動力となったともいえるのです。
よく考えてみると「構造改革」なるものは、日本人1人1人に「進化せよ!さもなくば滅びん!」と言っているように思えてなりません。
この申年を契機に日本が「進化元年」となることを期待するとともに、弊社におきましても皆さまによりよいサービスを提供できるよう「進化」していく所存でございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

2004/01/05

税理士川端雅彦コラム(一覧)へ戻る

まずは私たちと、ご飯でもどうですか?
私たちと一緒に働いてくれる方募集中

会社情報

ABOUT US

0120-129-353

受付時間:9:30~17:00(月~金)

Fお問い合わせ

〒600-8411
京都市下京区烏丸通四条下る水銀屋町620 COCON烏丸5F
対応地域:京都、滋賀、大阪、兵庫、奈良

xアクセス

その他相談も承っております

OTHER CONSULTATION

page top