税理士川端雅彦コラム

KAWABATA MASAHIKO COLUMN

近代建築の夜明け

京都には、創業100年を超える会社が1000社以上あるそうです。京都府の事業所総数が平成16年度統計で37000社ぐらいですから、3%弱が創業100年を超えるわけです。

他府県のアベレージは知りませんが、企業の寿命が30年と言われることを鑑みても、相当数に上るのではないかと思います。

その中の1社に平成18年で、創業109年を迎える「熊倉工務店」という会社があります。

この会社がこの度「近代建築の夜明け」という本を出版されました。

私も、熊倉さんとは付き合いが長いのですが、その名前から連想されるように「和風建築」の老舗というイメージを持っていました。(勝手にそう思っていたのは私だけかもしれませんが・・・)

ところが、この本のサブタイトルは「京都・熊倉工務店−洋風住宅建築の歴史」となっているではありませんか!

この本の中で、日本の建築が明治維新以後、西洋の文化にさらされながらも「洋間」という表現に象徴されるように、見事に和風に取り込んでいく様が、そして、京都という特別な地域の中で熊倉工務店が、洋風住宅建築に果たしてきた役割が垣間見ることができます。

『この本の出版は、熊倉工務店の存在をアピールする上で大変喜ばしいことなんですが、反面、期待を裏切ることを許されないすごいプレッシャーを感じています。』という熊倉社長の言葉を聞くにつれ、京都の老舗、ブランドの重みをひしひしと感じてしまいます。


2006/08/30

  • 雑感

税理士川端雅彦コラム(一覧)へ戻る

まずは私たちと、ご飯でもどうですか?
私たちと一緒に働いてくれる方募集中

会社情報

ABOUT US

0120-129-353

受付時間:9:30~17:00(月~金)

Fお問い合わせ

〒600-8411
京都市下京区烏丸通四条下る水銀屋町620 COCON烏丸5F
対応地域:京都、滋賀、大阪、兵庫、奈良

xアクセス

その他相談も承っております

OTHER CONSULTATION

page top