アイネックススタッフ日誌

I-NEX STAFF DIARY

Think right - 誤った先入観を捨て、よりよい選択をするための思考法




 今回、私が紹介する書籍はロルフ・ドベリ著の『Think right誤った先入観を捨て、よりより選択をするための思考法』です。著者のロルフ・ドベリはスイス航空会社数社にて最高財務責任者、最高経営責任者を歴任後、ビジネス書籍の要約を提供するオンライン・ライブラリー『getAbstract』を設立。科学、芸術、経済界の指導的立場にある人々のためのコミュニティー『ZURICH.MINDS』を創設。理論的思考トレーニングコース、インタネット・アカデミー『CCADEMY』を開設された方です。

本書で挙げられている思考の落とし穴の一部を紹介します

====================================

『選択のパラドックスのワナ』

「選択肢が多いこと」は、私たちを幸せにしてくれる。だが限界がある。限界に達すると、余分なものがあることで生活の質が逆に落ちてくる。この落とし穴を「選択のパラドックス」と呼ぶ。選択肢が多くなるとかえって不幸になる理由は次の3つ。

  ①選択肢が多すぎると、考えることをやめてしまう。

  ②選択肢が多すぎると、誤った決断を下してしまう。

  ③選択肢が多すぎると、不満を感じるようになる。

 目の前にある選択肢をあれこれ吟味する前に、まず自分が望んでいることをよく考えること。選ぶポイントを書き出し、その条件を満たしたものを手に入れるようにする。それから基本的には「完璧なものなど選ぶことはできない」と考えるようにすること。「まずまずの答え」で満足すること。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『権威のワナ』

権威のある人々には、問題が2つです。

  ①権威があるからと言って、間違いを犯さないわけではない。

  ②私たちは権威を信じるあまり、自分自身で考えなくなってしまう。

 専門家ではない人の意見には慎重になるのに、専門家の意見は聞き入れる。理性や道徳に反するような時でさも、権威に服従してしまう。「専門家」と呼ばれる人と会う時、相手に遠慮しないでどんどん自分の意見を言うこと。権威を持つ人を批判的な目で見れば見るほど、他人の影響を受けなくなる。

====================================

 間違った決断を下してしまう『思考の落とし穴』どうすれば正しい決断が出来るかを心理的なバイアスによって、誰もが陥りがちな落とし穴に気づき、一歩立ち止まって考えることの大切さを教えています。

 全世界に経済影響を及ぼしているコロナウィルス。

 先入観を捨て、よりよい選択をするための思考を一緒に考え実行するためのサポートをさせて頂ければと思っています。

アイネックス税理士法人 西口

2020/07/04

  • 読書発表・本紹介

アイネックススタッフ日誌(一覧)へ戻る

まずは私たちと、ご飯でもどうですか?
私たちと一緒に働いてくれる方募集中

会社情報

ABOUT US

0120-129-353

受付時間:9:30~17:00(月~金)

Fお問い合わせ

〒600-8411
京都市下京区烏丸通四条下る水銀屋町620 COCON烏丸5F
対応地域:京都、滋賀、大阪、兵庫、奈良

xアクセス

その他相談も承っております

OTHER CONSULTATION

page top