アイネックススタッフ日誌

I-NEX STAFF DIARY

急増しています。パワハラ相談


岡田康子・稲尾和泉(2011)『パワーハラスメント』


本屋で話題商品の棚に積まれているのをふと目にして、仕事柄、購読することにしました。

中でも、実際役に立ちそうな「パワハラへの対処法を知る」の本文を私なりの表現でご紹介させていただきます。


まず、「行為を叱って、人を叱らず」・・・常識のない部下をどう指導するか?

叱る場合は、行為を叱って、人を叱らずを心がけましょうという事です。


例えば、不衛生な服装でいる部下に対して、

「肩にフケがべっとりついている。お前病気と違うか」

「お前の存在が目障りだ。いるだけで迷惑。お前のかみさんの気がしれん」

という言い方をしてしまうと、人を叱っていることになり、パワハラとなってしまいますので、

このような場合は、

「清潔な服装で仕事するように」

と伝えると、肝心な部分が伝えられ、行為を叱る事になるというわけです。


次に、「過大要求をしてしまう自分の意識チェックシート」・・・

パワハラを行う人は、自分でも気付かない内に他人にプレッシャーをかけていると考えられるので、

自分の言動を駆り立てている価値観や感情を振り返り、それらを周囲に押し付けていないか、

そして何より自分を追い詰めていないか見直す事が大切です。

と書かれてました。


※この本に載っているチェックシートにより自分自身が陥りそうなパワハラのパターンを知ることができます。

なお、このパターンについて簡単に触れておきます。

以下の5つに分類されていました。

A 完璧であれ周囲に対しても容赦なく手加減しない
B 他人を喜ばせよちょっとした失敗に対してしっかり指導ができないため、
ある日、突然蓄積された怒りや不満が爆発してしまう。
C 努力せよ周囲に根性論を押し付け、有言、無言のプレッシャーを与えてしまう。
D 強くあれ周囲の人にも強さを求めて弱い人を排除してしまう。
E 急げ自分とペースが合わない人に対し攻撃的に発破をかける。


最後に、私個人の意見ですが、少しでもパワハラが減る世の中になるよう祈ってます。



アイネックス社会保険労務士法人
井上 宜子


2018/10/03

  • 読書発表・本紹介

アイネックススタッフ日誌(一覧)へ戻る

まずは私たちと、ご飯でもどうですか?
私たちと一緒に働いてくれる方募集中

会社情報

ABOUT US

0120-129-353

受付時間:9:30~17:00(月~金)

Fお問い合わせ

〒600-8411
京都市下京区烏丸通四条下る水銀屋町620 COCON烏丸5F
対応地域:京都、滋賀、大阪、兵庫、奈良

xアクセス

その他相談も承っております

OTHER CONSULTATION

  • 確定申告ナビ

page top