アイネックススタッフ日誌

I-NEX STAFF DIARY

花粉症の薬事情

ヘックション。ヘックション。ヘックション。

最近、鼻の調子が悪く、この忙しい時期に風邪かも?と心配していたら、花粉症でした。

すっかり花粉症の存在のことを忘れておりました。。

また、今年も鼻を真っ赤にさせて、季節外れのトナカイさんになるのかと思うと震えが止まりません。

早速、薬を耳鼻科の先生にお願いしなくては。。。

さて、昨年もブログで書きましたが、花粉症の薬をどうしようか悩んでいる方も多いと思いますので、クライアントの耳鼻科の先生から聞いた薬の情報を皆様に再度、共有しておこうと思います。

※以後、下線を引いた用語には簡単に説明を入れておきます。

まずは、誰もが気になるところで

【市販薬と処方薬どちらが安いのか?】について

結論から言いますと、※院外処方でアレグラ2週間分を処方してもらうとすると、おおよそ2,000円前後(3割負担の場合)になります。ドラッグストアなどで買えば1,980円前後で売ってるのでほとんど変わりません。

ただ、病院にて3週間分出してもらえたりすると、処方薬の方が安くなります。

※院外処方・・・医療機関で処方箋をもらい、調剤薬局で薬をもらうこと。

高齢者など自己負担が1割など低い場合は、処方薬の方がさらに安くなるケースもあります。

次に、病院で症状を診てもらい薬を処方してもらうという方は、少しでも安くなるよう、【オーソライズドジェネリック】という薬を覚えておいてください。

実は、昨年、私は「アレグラのオーソライズドジェネリック」の『フェキソフェナジン塩酸塩錠60mg』「SANIK」というジェネリックの薬を処方してもらいました。

ジェネリックは聞いたことがあるけど、、オーソライズドジェネリック(AG)』って何?って方がほとんどだと思います。

簡単に説明すると、

AGとは、「※先発医薬品とまったく同じ※ジェネリック医薬品」のようです。

つまり、先発医薬品と同じ有効成分、添加物、製造方法まで一緒なのに、先発医薬品よりも安いということです。

?

※先発医薬品・・・新規に開発された薬。新薬のこと。

※後発医薬品(ジェネリック)・・・特許が切れた新薬を他の製薬会社が同じ有効成分で製造・販売した薬のこと。添加物が違ったりするので、先発医薬品とは同じようで異なる薬。副作用や薬の効き目が多少違うようです。

※オーソライズド・・・公認されたという意味。つまり、先発メーカーが認めたジェネリック医薬品ということです。

アレグラの場合、おおよそですが、1錠あたりAGの方が20円ほど安いので、2週間分なら28錠×20円=560円ほど安くなります。

同じ薬なら安い方がいいに決まっているので、最寄りの耳鼻科もしくは薬局で(フェキソフェナジン〜)を処方してもらえるか確認してみてはいかがでしょうか? 

参考までに・・・(フェキソフェナジン〜)は数社から製造されているようで、特にSANIK社のものがよいと先生はおっしゃられてました。

実際に昨年、私も使いましたがちゃんと効きましたの問題ありません。

少しでも参考になれればと思います。

苦しき時期は続きますが・・・皆さんの花粉症が少しでも早く改善されますように☆

?

北川

2015/03/06

  • スタッフの雑談

アイネックススタッフ日誌(一覧)へ戻る

まずは私たちと、ご飯でもどうですか?
私たちと一緒に働いてくれる方募集中

会社情報

ABOUT US

0120-129-353

受付時間:9:30~17:00(月~金)

Fお問い合わせ

〒600-8411
京都市下京区烏丸通四条下る水銀屋町620 COCON烏丸5F
対応地域:京都、滋賀、大阪、兵庫、奈良

xアクセス

その他相談も承っております

OTHER CONSULTATION

page top