アイネックススタッフ日誌

I-NEX STAFF DIARY

花粉症の薬事情(北川)

ムズムズ...ムズムズ。

ヘックション。ヘックション。

私の嫌いな花粉症の時期がやってきました。

この時期になると、鼻のかみすぎで鼻が真っ赤になり、季節外れのトナカイさんに変身します。

早速、いつもの市販薬『アレグラ』を購入しようと思ったのですが、ちょうど、今日、耳鼻科の先生のところに訪問する予定があったので、最近の花粉症の薬事情を聞き、薬を処方してもらうことにしました。

※以後、下線を引いたわかりにくい用語は簡単に説明を入れておきます。

まずは、誰もが気になるところで、【市販薬と処方薬どちらが安いのか?】ですが、

結論から言いますと、※院外処方でアレグラ2週間分を処方してもらうとすると、ほとんど変わらず2,000円前後(3割負担の場合)になります。楽天などネットで買えば1,700円前後でも売ってたりするので、市販薬の方が実際は安いです。

※院外処方・・・医療機関で処方箋をもらい、調剤薬局で薬をもらうこと。

私みたいに1回で1ヶ月以上処方してもらう場合や高齢者など自己負担が1割などの場合は、処方薬の方が安くなるケースもあります。

ですので、忙しく薬だけ欲しいという方はネットで市販薬を購入でいいと思います。

次に、やはり、病院で症状を診てもらい薬を処方してもらいたいという方は、少しでも安くなるよう、【オーソライズドジェネリック】という薬を覚えておいてください。

実は、今日、私は「アレグラのオーソライズドジェネリック」の『フェキソフェナジン塩酸塩錠60mg』「SANIK」を処方してもらうことにしました。

ジェネリックは聞いたことがあるけど、、オーソライズドジェネリック(AG)』って何?って方がほとんどだと思います。

簡単に説明すると、「※先発医薬品とまったく同じ※ジェネリック医薬品」のようです。

つまり、先発医薬品と同じ薬(有効成分、添加物、製造方法まで一緒)なのに、先発医薬品よりも安いということです。

私も今日初めて知ったのですが、今後、AGが増えてくるかもしれないので覚えておいて損はないと思います。

また、ジェネリックはなぁ・・・という私みたいな方もAGなら受け入れられると思います!

※先発医薬品・・・新規に開発された薬。新薬のこと。

※後発医薬品(ジェネリック)・・・特許が切れた新薬を他の製薬会社が同じ有効成分で製造・販売した薬のこと。添加物が違ったりするので、先発医薬品とは同じようで異なる薬。副作用や薬の効き目が多少違うようです。

※オーソライズド・・・公認されたという意味。つまり、先発メーカーが認めたジェネリック医薬品ということです。

今回のアレグラの場合、おおよそですが、1錠あたりAGの方が20円ほど安いので、2週間分なら28錠×20円=560円ほど安くなります。

同じ薬なら安い方がいいに決まっているので、最寄りの耳鼻科で(フェキソフェナジン〜)を処方してもらえるか確認してみてはいかがでしょうか? 

参考までに・・・(フェキソフェナジン〜)は数社から製造されているようで、特にSANIK社のものがよいと先生はおっしゃられてました。

少しでも参考になりましたでしょうか?

苦しき時期は続きますが・・・皆さんの花粉症が少しでも早く改善されますように☆

2014/03/12

  • スタッフの雑談

アイネックススタッフ日誌(一覧)へ戻る

まずは私たちと、ご飯でもどうですか?
私たちと一緒に働いてくれる方募集中

会社情報

ABOUT US

0120-129-353

受付時間:9:30~17:00(月~金)

Fお問い合わせ

〒600-8411
京都市下京区烏丸通四条下る水銀屋町620 COCON烏丸5F
対応地域:京都、滋賀、大阪、兵庫、奈良

xアクセス

その他相談も承っております

OTHER CONSULTATION

page top