アイネックススタッフ日誌

I-NEX STAFF DIARY

書評 伝える力 (石野)

池上彰さんの「伝える力」を、いまさらですが読みました。

池上彰さんといえば、もう説明が不要ですね。「わかりやすい」の代名詞ともいえる存在です。

どうやったら、あれほどわかりやすく説明できるのか・・・。興味深深でページを開きました。

ハウツー本と思って買ったのですが、内容は雑誌のコラムをまとめたものでした。

本当いうと、最初少しがっかりもしました。書かれている内容は・・・。

1. わかりやすく伝えるには、深く知ること

2. 子供に説明して、理解してもらえるレベルがゴール  などなど。

41s7YrtfuuL._SL160_[1].jpg

「わかってるけど、それができひんやん?」と、思いましたが、これが既に間違いなわけです。

つまり、「わかっているけど・・・」ではないのです。

できないということは、「深く知る」ことをしていないということだと、改めて知らされました。

よく考えてみると、この本は「伝える力」。「わかりやすく話す方法」ではないと言うことも気付きました。

理解を深めるためには、「自分が知らないことを知る」、謙虚であれ。とありました。

日常使っている言葉でも、知らないことはたくさんあります。

例で上がっていた、「警視庁」と「警察庁」の違い・・・。私は、わかりませんでした。

池上さんは、「伝える力の根幹は、コミュニケーションである。」と書かれています。

如何にコミュニケーション力を高めるか。

第3章 円滑なコミュニケーションをする にも書かれています。

`明日から使える´とかではないのですが、その分、じわりといい本でした。

よかったら、読んでみてください。

会社設立お考えの方はこちら

医療経営のご相談はこちら

確定申告のご相談はこちら

2011/04/20

  • 読書発表・本紹介

アイネックススタッフ日誌(一覧)へ戻る

まずは私たちと、ご飯でもどうですか?
私たちと一緒に働いてくれる方募集中

会社情報

ABOUT US

0120-129-353

受付時間:9:30~17:00(月~金)

Fお問い合わせ

〒600-8411
京都市下京区烏丸通四条下る水銀屋町620 COCON烏丸5F
対応地域:京都、滋賀、大阪、兵庫、奈良

xアクセス

その他相談も承っております

OTHER CONSULTATION

page top