アイネックススタッフ日誌

I-NEX STAFF DIARY

令和4年度 税制改正大綱

12月10日(金)に令和4年の税制改正大綱が公表されました。

主な目玉としては以下の通りです。

① 所得税:住宅ローン控除の見直し

② 贈与税:住宅取得等資金贈与非課税の縮減

③ 法人税:賃上げ税制の拡充

④ 法人税:少額な資産のレンタル節税規制

①の住宅ローン控除の見直しは、令和4年以降の入居から段階的に改正される見通しです。

ローン控除額の縮小と適用対象の縮小ですね。また、令和6年以降の手続きが簡素化されます。

②の住宅取得等資金贈与非課税の縮減は、令和4年以降の贈与の非課税限度額が引下げとなる見通しです。

③の賃上げ税制の拡充は、ニュースでも話題になっていましたね。賃上げ部分の一部が法人税から控除される制度で、控除率として中小企業は最大25%→最大40%へ、大企業は最大20%→最大30%へ拡充されます。

注意点としては、従前の法人税額の20%が控除上限として据え置かれる点でしょうか。

④の少額な資産のレンタル節税規制は、取得価額が30万円未満の資産で一定の要件を満たすものは、取得時に全額損金算入等が可能ですが、今回の改正案としては、その内「貸付用資産」は金額要件を満たしても、全額損金算入はできずに、資産計上の後に減価償却で損金算入されるという内容です。節税に対する規制ですね。

いずれも重要な改正案ですので、大枠は押さえておきたいところです。

なお、今回の税制改正大綱は方針の発表のため、令和4年3月に国会で可決・成立すると令和4年4月に改正法施行となります。

詳しい内容として速報版のポイント解説をアップします。

ご興味がある方は、是非ご覧ください。

https://www.i-nex.co.jp/download_file/view/1119/3092



                                      アイネックス税理士法人 森川

2021/12/20

  • 税務・会計について

アイネックススタッフ日誌(一覧)へ戻る

まずは私たちと、ご飯でもどうですか?
私たちと一緒に働いてくれる方募集中

会社情報

ABOUT US

0120-129-353

受付時間:9:30~17:00(月~金)

Fお問い合わせ

〒600-8411
京都市下京区烏丸通四条下る水銀屋町620 COCON烏丸5F
対応地域:京都、滋賀、大阪、兵庫、奈良

xアクセス

その他相談も承っております

OTHER CONSULTATION

page top