アイネックススタッフ日誌

I-NEX STAFF DIARY

100の基本

お客さまから勧められて手に取ってみました。

「100の基本 松浦弥太郎のベーシックノート」

本はとっても分厚いのですが、見開き左ページに「基本」が書かれ、右に内容についてコメントが書かれているのであっと言う間に読めます。

基本のなかには、平たく言うと「時間を守る」とか、「悪口を言わない」のようなシンプルなものもありますが、著者の基本は次のようにもう少し具体的な内容になっています。

「時間を守る」 → 「すべては15分前」

「悪口を言わない」 → 「本人がいないところだけでなく、いるところでも言わない」

おそらくひとつひとつの「基本」が、生活の中でよりよくなるよう更新されているのだろうと思いました。

私が特によいなと思ったのは、次の二つでした。(手元に本がないので、語感はかなり怪しいです。(@_@;))

「すべては自分の責任と思うこと」

自分におこるさまざまなことを、ひとや社会のせいにしてもなにも始まらない。

たいていのことは自己の責任で片付くことばかりで、納得どころは自分で決め、自分の足で歩くのだ。という内容だったと思います。

全くその通りで、たしか1番最初の基本だったと記憶しているのですが、私も道に迷った時は、この基本にかえろうと思います。

「時間となかよくなる、時間に好かれる」

これは、言葉の使い方がとてもすてきだと思いました。

日々忙しく過ごしていると、つい効率の良い時間の使い方とか、無駄を省くとかの発想になるのですが、時にはちょっと殺伐としてしまいます。

結果は同じところにたどり着くのですが、時間に追われて選択するのではなく、良い時間をつくるための選択になるのが違いなのかなぁ。と思いました。

そのほかの基本もなるほどなと思うところがたくさんです。

本の終わりには、自分の「100の基本」が書き込めるようになっています。私も、自分のベーシックをすこしずつまとめていこうと思っています。

100の基本 松浦弥太郎のベーシックノート

2014/04/16

  • 読書発表・本紹介

アイネックススタッフ日誌(一覧)へ戻る

まずは私たちと、ご飯でもどうですか?
私たちと一緒に働いてくれる方募集中

会社情報

ABOUT US

0120-129-353

受付時間:9:30~17:00(月~金)

Fお問い合わせ

〒600-8411
京都市下京区烏丸通四条下る水銀屋町620 COCON烏丸5F
対応地域:京都、滋賀、大阪、兵庫、奈良

xアクセス

その他相談も承っております

OTHER CONSULTATION

page top