アイネックス税理士法人採用情報

人材の育成アイネックスでは、「当社で働くひとたちが、同業他社のどこよりも成長が速いこと」を
人材育成の目標にしています。これを達成するために、
具体的には、次の3つのプログラムをベースに人材を育成します。

働くひとたちが、どこよりも成長が速いこと。

i-nexでは、「当社で働くひとたちが、同業他社のどこよりも成長が速いこと」を人材育成の目標にしています。
これを達成するために、具体的には、次の3つのプログラムをベースに人材を育成します。

これらのプログラムの実践により、
税務・会計業務が未経験でも、安心して実務に就くことができます。

目標を明確にするキャリアプラン制度

i-nexのキャリアプランは、それぞれのステージ応じて、次の3つの職能クラスを用意しています。
さらに、これらが各等級に分かれており、自己の具体的な成長目標を設定し、自己の能力開発を行います。

職 能 等 級 内 容
M <Manager>
チームを率い、そのチームのパフォーマンスを最大限引き出すマネジメント能力とリーダーシップを発揮できるひと。
p 1~10 <Pro>
税理士または公認会計士の有資格者、あるいは能力的に有資格者に劣らない者で、責任ある立場として担当先の成長・発展に資するパフォーマンスが期待されるひと。
本人の能力と意欲に応じて仕事の範囲は大いに広がるため、より専門性の高い仕事をすることができます。
A 1~10 <Assistant>
ManagerやProの補助者として、活躍するスタッフ。
Proへの昇格を希望し、一定レベル以上の専門性と積極性・責任感をもって仕事に取り組むことが期待されるひと。

成長を促す研修制度

成長スピードを高めるには、OJT以外の計画的な学ぶ場が必要であるとアイネックスでは考えています。
新入社員研修によるベースづくりや、外部研修に参加することによる専門知識の獲得、
または月例研修会などを行うことで成長のための機会を提供します。

実務現場での育成

  • ・上司や先輩との合同訪問
  • ・事業部、ブロジェクトへの参加
  • ・チームワーキング

実務外での育成

  • ・社内研修(月例・新人社員研修など)
  • ・社外研修
  • ・案件検討会、決済報告検討会など

成長を確認する人事評価制度

i-nexでは、次の3つの軸で目標を設定し、年に3回の査定でこの目標に対する達成度を確認します。
自己評価と会社評価をすり合わせ、目標達成に向けたレビューを行います。

区 分 評価項目 評価点数 内 容
成果実現度 <8項目>
生産性改善
収益性向上
顧客満足度 など
20点 定量的な指標によりその達成度を評価します。
また、前回の評価時に定めた重点方針に対する実行度なども評価に含まれます。
情意考課 <15項目>
規律性
積極性
責任感 など
20点 就業規則や社内ルールの遵守、仕事に対する取組の姿勢などを評価します。
「理念」「ミッション」を理解し行動できているかも含まれます。
スキル考課 <39項目>
問題解決思考力
専門知識
コミュニケーション能力 など
60点 問題の本質追及や構造化の能力について具体的成果をもとに評価します。
税務・会計の専門知識、コミュニケーション能力なども評価の対象になります。